トイレであっと思ったことはありませんか?でも、どこに行けばよいだろう・・・。そういう時にはすぐご相談ください。ニコタマ大腸・肛門クリニックは痔や肛門の病気と大腸内視鏡を得意とするクリニックです。
ドクターズファイルに掲載していただきました。
ドクターズファイルバナー
大腸内視鏡の検査レポートもあります。
ドクターズファイルCSバナー

お知らせ

1月25日の朝日新聞夕刊のコラムに院長のコメントが掲載されました。
1月25日の朝日新聞夕刊のコラム「体とこころの通信簿」の特集記事《肛門の痛み・出血》に院長のコメントが掲載されました。
週刊文春に院長のコメントが掲載されました
平成27年8月27日発売の週刊文春(9月3日号)の大腸癌の記事に院長のコメントが掲載されました。
開院して以来、ご来院された新患患者さんの数が1万3千人を超えました。
おかげさまで、当院は平成27年12月1日で開院から4年が経ち、5年目を迎えました。これまでに来院された新患患者さんの数は1万4千人を超えました。また、大腸内視鏡検査は平成25年以来、年間1000件以上を行なっております。これからも精一杯毎日の診療に務めていく所存ですので、よろしくお願い申し上げます。
当院での内視鏡検査時の待ち時間についてのページを追加しました。
当院での内視鏡検査は、院長が一人で全ての診療を行っていることから、待ち時間がどうしても長くなってしまいます。これについてのご説明のページを作りましたので、検査のご予約をされる方は必ずお読み下さい。
肛門診察の流れのページを追加しました。
肛門科の診察には不安がつきものです。それを少しでも解消するため、当院での肛門の診察の流れのページを作りました。ぜひご覧ください。
当院が日本大腸肛門病学会の認定施設として認定されました。
平成25年10月より、当院は日本大腸肛門病学会の認定施設として認定されました。
平成25年9月から午後の診療受付時間を変更しました。
平成25年9月から午後の診療受付時間を4:30〜6:00に変更いたしました。ご不便をおかけして申し訳ありませんが、お間違えの無いよう、よろしくお願い致します。
新しい大腸内視鏡検査用の腸管洗浄液「モビプレップ」を採用しました。
平成25年6月から、大腸内視鏡検査で用いる腸管洗浄液として新たに認可された「モビプレップ」が使えるようになりました。詳しくはこちらをお読み下さい。
NHK「ためしてガッテン」で当院の大腸内視鏡検査の様子が放送されました。
当院の大腸内視鏡検査の様子を平成24年11月7日(水)放送のNHK「ためしてガッテン」で放送していただきました。
院長が東京大学医学部非常勤講師に就任しました
院長が平成24年3月より東京大学医学部腫瘍外科(大腸肛門外科)の非常勤講師に就任しました。
 

診療カレンダー

休診:赤午後休診:青
(クリックすると拡大します)

おかげさまで、当院は開院から4年が経ち、新患患者さんの数は1万4千人を超えました。また、大腸内視鏡検査は平成25年以来、年間1000件以上を行なっております。これからも精一杯毎日の診療に務めていく所存ですので、よろしくお願い申し上げます。

専門医による ラクで痛くない大腸内視鏡検査と、時間的・経済的負担の少ない日帰り肛門手術を ニコタマで。

院長写真ニコタマ大腸・肛門クリニックは世田谷区二子玉川の駅前・玉川高島屋南館隣りにあり、痔の治療・日帰り手術と大腸内視鏡検査を得意とする肛門科と内視鏡のクリニックです。すべての検査・手術・診療は院長・黒田敏彦が東京大学医学部附属病院での診療経験をもとに専門的に行います。当院では肛門と大腸を総合的に診察しますので、肛門出血などの症状の原因がどこにあるかを精密に調べて診断します。また、当院では胃カメラも行っております。大腸内視鏡検査の際に同時に行うことも可能です。胃に症状のある方で検査を御希望の方は是非ご利用下さい。

内視鏡検査は電話1本で予約でき、あとは当日朝、食事を抜いて来院するだけです。大腸内視鏡を受ける方は、院内の専用ラウンジで検査準備の下剤を飲みながら、テレビを見たり、院内WiFiにつないでご自分のパソコンを使ったりできます。また iPadの無料貸出も行っています。鎮静剤の使用は患者さんご自身の希望で選んでいただけますので、「以前の検査で痛かった」とか「とにかく怖い」という方でも楽にリラックスして検査を受けていただけます。(院内のラウンジなどの写真大腸内視鏡検査の流れ詳しい注意点院内感染防止の取り組みのページをご覧下さい。) また、内視鏡検査の実績のページでは、当院の胃・大腸内視鏡検査施行数やポリープ切除・大腸ガン発見率、および、検査で手術や入院が必要な病気がわかった場合の当院の方針もご紹介しています。(内視鏡検査を行うにあたっては、保険診療になるか自費健診になるかで自己負担額が違ってきますので、内視鏡の費用のページをご参考にして下さい。)

 痔・肛門の悩みに対しては、日本屈指の肛門科専門病院である所沢肛門病院で習得した専門的な知識・手技に基づき、的確な診断と治療を提供しており、当院は日本大腸肛門病学会の認定施設として認定されています。肛門の診察はどのようなものかご不安の方も多いと思い、当院での肛門診察の流れを解説したページも作りましたのでご覧ください。痔の大部分は切らずに治せますが、手術が必要な場合でも可能な限り日帰り手術を行い、患者さんの時間的、経済的負担を最小限にした治療を行えるよう努めております。詳しくは肛門手術の実績のページをご覧ください。誰にも相談できずに悩んでおられる方は是非一度ご相談下さい。

外来受付時間

  • 休診日:日曜・祝祭日 および 第2土曜日
    ※ 平日・土曜の午後1時~4時半は検査・手術
  • 外来受診に予約は必要ありません。
  • 内視鏡検査は検査前日までに電話で予約して下さい。検査枠に空きがあれば、当日朝に電話いただいても検査可能です。
  • 各種健康保険取り扱い。保険診療をおこなっています。
  • 大腸内視鏡検査を受けやすい環境を提供してその普及に努め、大腸ガンの予防・早期発見・治療に貢献するとともに、その他の大腸疾患も的確に診断し治療を行います。
  • 肛門疾患についての知識の普及、情報の発信につとめ、確かな診断に基づく適切な治療を提供します。
  • 最新機器やディスポーサブル器具の使用により、快適かつ清潔な環境で医療を受けられるようにします。

診療科目

標榜科目 肛門外科、肛門内科、内視鏡内科、消化器内科
診療内容 大腸内視鏡検査、胃内視鏡検査、内視鏡的ポリープ切除術、消化器内科
痔核・痔瘻・裂肛など肛門疾患の診療と日帰り手術
主な症例 肛門 痔核(イボ痔・脱肛)・裂肛(キレ痔)・痔瘻・肛門周囲膿瘍・肛門ポリープ
肛門腫瘍・肛門部コンジローマ・肛門狭窄・直腸脱・直腸瘤・肛門部アテローマ(粉瘤)
膿皮症・毛巣洞
大腸 大腸ポリープ・大腸ガン・過敏性大腸症候群・慢性便秘症・潰瘍性大腸炎・クローン病
大腸憇室症(憇室出血・憇室炎)・虚血性大腸炎・放射線性直腸炎(大腸炎)
当クリニックでは保険診療をおこなっております。自費診療のクリニックではありません。
  • facebookページはこちら
  • ドクターズファイル

Google+

投稿 黒田敏彦

ページトップへ